スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員「さま」

衆院選も終わり、やっと落ち着いてきた頃でしょうか。
今まさに選挙に出かけよう!とした時にちょうど電話が入り、バイトの時間が繰り上げになってそのまま出勤したのは・・・・です。。。

さて、コンパニオン時代の『議員』にまつわるお話。
宴会のお席に議員さんがいることはたまにありました。長くやっていると村会議員から国会議員まで各種の議員さんにお目にかかれましたねえ。
まーぶっちゃけ一番偉そうだったのは県会議員「さま」でした。^^(ワタシがお目にかかったほんの数人の議員さんの中で、ですので、勿論全員が全員そうじゃないとは思いますが)
意外にも国会議員の方は腰が低く親しみやすい感じで、「飲め飲め」とお酒をついでいただいたり。コンパニオンも一有権者ですから悪印象は与えたくなかったのでしょうかね?そう考えると、顔が知られていればいるほどどこに行っても態度に気を付けなければいけないでしょうから大変ですなコリャ。

そんな中で小耳にはさんだ話には、、、
某お偉い方が某車で某道路を某速度で走行なさっていた時、某オービスがピカッと光ったように見えたそうな。コリャマズイ、と某お偉い方は某署長さんに連絡し、「これこれこんなわけだから何とか頼む」と某お願いをしたとかしないとか・・・
その後、某オービスは本当は光ってなかった、と色んな意味で事なきを得た、、、とかなんとかね~。

ワタシから見た、偉そうとか何とかの議員さんのその時の態度、というものも宴会の趣旨や顔ぶれによっても当然変わってくるのでしょう。
後援会のメンバーと、同じ議員同士での懇親会と、その他色んな思惑入り乱れる駆け引きの下接待したりされたり・・・
その場にいるだけで身も竦むような雰囲気の中、5時間くらい一人(コンパニオンは)でいたりしたこともありました。泣きそうでした;;
そうなんですよ、思い起こせば女の子の中でも接待向けとかパワー宴会(どんなだw)向けとかタイプ分けがあったんですよ。
単純に言うと、接待とかお偉いさんがいそうな席にはある程度経験があり空気もそこそこ読めるタイプの女の子、パワー宴会には圧されるだけじゃない圧し返せるパワーのある女の子、とかwパワー宴会の接待というのもないこともなかったですがw 両方こなせる女の子も少ないながらいました。いやーコンパニオンの鏡ですね。本当はそれで当然なのかもしれませんが、所詮はただのヒトなので万能というわけには中々いきません。情けないながら。。
そして、どちらかというとワタシは接待向けの方に使われてたわけですよ。単に年齢的にも雰囲気的にも落ち着いてる方だったせいですが。ほら、会席料理の並ぶ接待の席にギャルとかいたら少し浮くじゃないっすか、それだけのことです。

で、前述の五時間孤軍奮闘編について少々語ってみましょうか。
えー、簡単に言うと辛かった・・・そして辛い自分も宴会での役割も点数を付けるなら0点でしたな・・・いや、マイナスだったかも・・orz
接待する側される側、誰がどちらの立場だったかは内緒ですが、される側は超逃げ腰、する側は超イケイケ、と見事に噛み合っていない宴会でした。そこを何とか上手く盛り上げるのがお前の役目だろう!えぇえぇ、その通りです、その通りですとも。
がんばりはしました。ワタシに出来る限り。もてる力を最大限に発揮して。それでも、結果上手くいかなかったらカスですがね。。。
なんというか、どの話題ふってもタイミングひとつとっても裏目に出ていたような気がします。
最終的には飲めない日本酒をガンガン飲み、宴会から解放された後は気持ち悪くて動けなくなってました。

何が悪いって、自分の力不足ですね。チクショー
今思えば、この後あたりから自信を失い、ピリピリしたり上手いこと宴会をこなせなかったり、駄目な方に向かい始めたような気も・・・おまけにストレスで飲んで食ってブクブク太り始め、見た目もお金いただけるような代物からかけ離れ始め・・た?かも?
んあーそうだっけ?
昼の仕事が忙しくなってきたからとかなんとか言って、コンパニオン引退したのはこの数ヵ月後くらいだったかもしれない・・けど、今は昔、か。
最盛期は、地位のある方のお席や失敗できないお座敷のメンバーの一人にはワタシ!てくらいの信頼が事務所であったんだけどなー。懐かしや。

と、なんだか脱線しました。
そうそう、なんだか某議員さんに気に入られ、本気で愛人に口説かれたりしたこともありましたよー。他の議員さんによると、初めてワタシがお席にお邪魔した時、その口説いてきた議員さんのビタ好みのが来た、と思ったそうな。どんだけわかりやすい好みなんだよ、ってかどんな好みなんだよ。自分じゃわかんねーよw

後日談としては、議員を経て某○長におなりになって、汚職で失脚した―なんて方もいらっしゃったようです。

・・・相変わらずまとまりのない文章ですが、おしまい。
スポンサーサイト

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。