スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末という名の始まり

死に急いでいるかのような記事タイトルを少し前向きぽい方向にしてみる。

結局、この一週間バイトは休みだった。
というか連絡がなかった、ので出勤s(ry
どうなるんだろう、と相手の動向を待つともなく待っていたら先日オーナーより電話があった。
正直、具合が悪かった&何を話すのか、どう答えるのか、自分自身の考えを決めていなかったので、電話には出なかった。テヘ
その後、事務所(オーナーは通常いない)のスタッフへこっそり探りを入れてみたが、やっぱりオーナーがどういうつもりで休ませているのか、これからどうするつもりなのか、わーかーらーなーいーままだった。
そんなこんなで一週間ボーっとしていたわけでもなく、チョロチョロあちこち出没していた。
大別して実家近辺とスロ屋近辺だけど。


実家近辺のお話。
おいらあまり実家に近寄らなかったんで知らなかったんだが、おいら含め家族親類に今年はいろいろな厄災があったらしい。
んで、不安に思った某家族が霊視ができるとかいう方に相談に行ったらしい。
で色々お話した中で、とにかく私が一番生命の危機にさらされていると言われたらしい。ので、私を連れてこいと言われたらしい。
んで、そう言われて何か少しでも良くなればなーと思って、私は連れて行かれた。
そして、えーと鑑定者さん(という呼び名でいいのか?)と直接会った。多分、鑑定者さんの想像と実物の私はかなり違っていたんじゃないかと。
言われた中で、性格的なことは合ってるような気がする部分もあったが、それは鑑定者さんの思い込みというか想像し過ぎというか先入観入り過ぎなんじゃ?ってとこもあった。
自分では気付かない・わからない面もあるから、そんなことねーよwwwてほどではないけどね。

んで、最初は女の子が憑いているかも?と思われていたらしい私だったが、鑑定者さんと直接相対した結果、色々な不運?は霊障によるものではないと診えたらしい。
でも違うのを色々背負ってるから、となんか祓ってもらった。
背中側から肩とかさすられたり、背中こすられたり、何か指で書かれたりした。
感触としては、肩さすられたのはあったかくて血行良くなりそうで気持ちよかった。
あとは「これで何か好転すればいいなあ」とか「色々背負ってるってどんな色々なんだよ?」くらいでボーっとしてた。

今日に至る。
気分的に、お祓いしてもらったし~と少し気分が明るくなった気もしないではない。
なんとなく最悪の状態は脱したんだおーてな感じで。
あとは実家親類縁者の運気も上がっていくといいなあ、てとこか。


スロ屋近辺の話は別記事にしてみた。
スポンサーサイト

テーマ:ボヤキ - ジャンル:独身・フリー

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。