スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許更新

先日、運転免許証の更新に行ってきた。
悲しいかな今回は違反者講習(二時間)を受けなくてはいけない身分だったさ。
平日だっていうのに、免許センターには随分人がいるなオイ…とか思ったら、冬休みの期間なのね。高校生、学生(ぽい)らがわさわさ。
違反者講習にもびっくりするほど人がいた。皆、結構捕まってんのねー。何故かちょっとホッとしている小市民。。

講習は30分程のビデオを見た後、各種資料を見ながらの講義のようなものを受けた。
私は幸いにしてそれらの扱う内容に興味を持てたので、休憩なし(!)の二時間をそれほど苦もなくすごすことが出来た。というか、さすがに飽きたかもと思い始めた頃にちょうど終わったんだ。ふはは。
でもほとんどの人は結構まじめに参加してたっぽい。中には大音量のイビキ鳴らしてるのやら、携帯でゲームしてるのとかいたけどね。
でもどうせ二時間拘束されるんだったら、退屈してストレス溜めるだけよりも満喫した方が得策だろう。
ただひとつだけ言うならば、着いてる席が窮屈で居心地はかなり悪かったかな。

で、そのビデオなんだが。
ナビゲーターが某サイボーグねぇさんで、交通刑務所に入るような事故をドキュメンタリータッチで撮ってるようなモン。
受刑者が「なんであんな事をしてしまったのか・・」と後悔してるところから事故の再現フィルム、というような。
三本立てで、なんとも・・なかなか・・うん。。。ビミョウ
しかも取り上げてる事故の例が、いくら後悔してようと悪質極まりない、本当にそんなことあんのかよ?くらいの情状酌量の余地なしだったり、そりゃオマイが間抜けすぎ、だったり。(いや多分あるんだろうけど)
一例目:スピード違反で追越し、調子こきまくってお喋りに夢中で余所見、カーブ曲がれず対向車はね飛ばす・・
バカにしか見えないくらいの過剰な演出、なんか?が飛ぶ結論へ誘導・・実際よくあるかもしれないとは思うけど、過剰さが現実感を薄れさせてるような。。
二例目:酒酔い運転で気が大きくなり?赤信号で停まってる前の車を追越した挙句、横断歩道を渡る歩行者を・・
ひどすぎるだろ!!そこまで酔っ払ってるとかもうワケワカランくらい!有り得るのかなぁ・・有り得るんだろうなぁ・・コワ
三例目:無免許・盗難車・未成年だったかな?更にシンナーとかあったかな?(忘)で、前途ある若者を・・
忘れてしまったんだけど、なんだか極悪が三拍子も四拍子も揃っていたような。こんなことはよくあったら困る。

・・・・とね。(何が)
これでもか、くらい要素が重ねあわされていて、逆に現実感が湧かなかった。
「気をつけよう」じゃなく、「こんなん普通ないだろー」というような。
っても、絶対ないとは言えないし、事故起こすときなんて「有り得ない」事が何かの悪いタイミングで重なってしまうから、事故になっちゃうんだろうしなー・・と。
まー素直に気をつけましょう。人生棒に振りたくはないし、人様の人生狂わせるなんてもっと嫌だ。


ところで、某掲示板でちょっと騒がれている交通事故のアレは、起こるべくして起こったとしか言いようがない。加害者の免許は早く取り消して更に永久欠格にして欲しいもんだ。アレで適性検査通るんだもんなぁ・・アタマが悪いわけではないんだろうな。違うところが致命的に悪いんだろな。
スポンサーサイト

test終了(今度こそ)

色々いじるのおしまい。・・・にしようと思う。いや、したい・・
嫌な方面で性格が二乗三乗されたようだ。
しかも妙に満足しちゃって、肝心のエントリーをさっぱり書いてないし。バカネ。

引き続き、不具合・環境によって激しく見づらい、とかの報告をお待ちしております。ほぼ大丈夫なようにした「はず」なんだけど、どこまであてになるか>自分。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。